工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ロバートケネディの演説

ケネディと言えば、35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディが有名で、著名な演説で有名なのは、「Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.(国があなたに何をしてくれるかを問うのではなく、あなたが国のために何をできるか考えて欲しい)」というものがある。

「国がどれだけのことをしてくれるか?」が大切なこととされている福祉全盛期の今、このような国への奉仕を要求するメッセージが受け入れられた時代があったというのは、驚愕に値する。
自分が得ることではなく、与えることを考えることができた、ということは、それだけ、アメリカという国とその国民が自信と力に満ち溢れていたのだということが言えるだろう。

実際に、このようなメッセージを聞いてみると、兄のジョン・F・ケネディのスピーチは出来すぎている感じもしないではない。もちろん大統領のスピーチは多数の人間が準備するものだから、当たり前なのだが、何か足りない気がする。それはパッション(情熱)だろう。実は、ケネディ大統領の演説よりは、弟のロバート・ケネディのほうが、情熱的で、まっすぐな演説をしているのである。

彼の弟に当たるロバート・ケネディは司法長官を歴任して、その後大統領選に立候補するのだが、志半ばで、暗殺されている。

彼のスピーチは情熱的で、真剣そのものだ。

What we need in the United States is not division; what we need in the United States is not hatred; what we need in the United States is not violence and lawlessness, but is love, and wisdom, and compassion toward one another, and a feeling of justice toward those who still suffer within our country, whether they be white or whether they be black.

(アメリカで私たちが必要としているのは分離ではありません。憎しみでもありません。そして、暴力や無法ということでもなく、愛であり、知恵であり、互いに対する同情であり、そして、まだこの国で苦しんでいる人に対して感じる正義の感情なのです、彼らが白人だとか、黒人だとかにかかわらないのです)

We must recognize the full human equality of all our people - before God, before the law, and in the councils of government. We must do this not because it is economically advantageous - although it is; not because the laws of God and man command it - although they do command it; not because people in other lands wish it so. We must do it for the single and fundamental reason that it is the right thing to do.

(私たちは、神の下に、法の下に、政府の下に、人間が平等であるということを理解しなければなりません。私たちはそれが経済的によいから、そういう理由で支持するのではなく、神や人間の作った法だからといって、それで支持するのではなく、人々が望むからそうするのでもありません。私たちはそうしなければならないのです、なぜならそれが正しいという唯一で最大の理由からです)

他にもたくさんの興味深い、表現があるのだが、他に、私がロバート・ケネディの考えで、共鳴するのは、「教育を受けた人間は社会に義務がある」というところである。教育を受けた人間は社会に還元する義務がある。そして、それはあなたたちにしっかりと返ってくるというくだりはうなずかざるを得ない。本気で社会を考えて、それを改革しようとしていた気概が伝わってくる。

ロバート・ケネディのエッセンスは次のような哲学だったと、私は考えている。

「If we don't do it, nobody is going to do it. If educated people don't do it noboby is going to do it.」

(私たちがやらないのなら、誰もやりません。教育を受けた人間たちがやらなければ誰もやりません)

演説のエッセンスは以下のウエブで手に入る。

http://www.rfkmemorial.org/

彼のスピーチは音声で聞かなければそのインパクトが伝わらない。アメリカのアマゾンではロバートケネディのスピーチのビデオを販売しているので、ぜひ、購入して、見て、聞いてほしい。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2007-05-30 05:06 | おすすめ
<< 女性の発言を考える・・・悪しき... 私がよく聞く音楽たち >>