工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


内発的動機に関するキーポイント

先日は、内発的動機(自分が楽しむためなど、自分の中からわきあがってくる動機)について、説明した。

内発的動機の主要な原則として2点ある。キーワードは①自己有能感(自分の実力が向上する感覚)と②自分で決定しているという自己決定感(自律性)。

1点目は自己有能感。日々の努力が、自分の成長につながっているという感覚のこと。

2点目は自律性。それは自分で決定しているという感覚のこと。親や友人が「やってほしい」と言ったからといって、やるようなものは自律性があるとは言えない。

実はもう一つ大切な視点がある。英語でinterpersonal relations というのだが、その意味するところは、自分の存在を受け止めてくれる人のことだ。こういう人が傍にいて、信頼されると、人は内発的な動機が芽生えてくるという。

この点は実はとても重要で、友達が応援してくれればいいというわけではない。親が期待してくれればいい、ということではない。外的なプレッシャーになってしまう。プレッシャーがあると、内発的動機はわいてこない。逆効果になる。

interpersonal relations というのはその人をそのまま受け入れてくれる人のことだ。別の言い方をすれば、受容感が芽生えれば、その人は内発的な動機を作り出すことができる環境が整う。

よくすさんだ幼少期を過ごしたのに大成する人がいる。そういう人の環境を探ると、どこかで、そのような信頼感をつくれる人間との出会いがあるという。条件付でない信頼感をつくれる人間が、内発的な動機を作り出す鍵になる。

たとえば、亀田兄弟を見ていると、上に紹介した3つが、そろっているように思える。外的なプレッシャーはたくさんある。しかし、うまくそれらを無視して、自己有能感、自律性、受容感のある人間関係があるように思える。ここでは、受容感のある人間関係は兄弟そのものであり、父親なのだと思う。だから、いつも、外的なプレッシャーを跳ね返して、努力できるのだと思う。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2011-01-15 22:02 | 心理

2011年のご挨拶

皆さん、あけましておめでとうございます。

昨年は自分にとってはいろいろな出来事がありました。

人としてより自分の弱さや問題点を見つめるようになりました。問題点を発見して、自覚し、昨日より今日少しでも高い次元にステップするように生きたいと思います。

当たり前のように聞こえるのですが、自分の弱点を本当に知り尽くしている人は少ないと思うのです。私も自分をまだ知り尽くしていない気がします。そういう意味で、自分の弱点を知る、そして、受け入れる、ということを試みています。

アドバイスが求めらることはよくありますが、今までは、アドバイスで終わっていたような気がします。しかし、昨年は、そのような中でも、他の人へのアドバイスをすぐに、いろいろな状況に置き換えてみることに挑戦してみました。相手が別の人だったら、自分だったら、どうアドバイスをするか、というような視点です。

研究では淡々と続けること、そして、それを楽しむことが重要だと実感しています。できるだけ日々日常の中で、テーマを考え続けられるような環境づくりが重要だと思います。

語学ではあと数ランク上を目指して、精進しようと思っています。自分は書くことにこだわりたいと思っています。第二外国語も、もう少し真摯に取り組みたいと思っています。

武術ではより自分の感覚を大切にするようになりました。そういうことで、40歳に近くなっていろいろ発見することが多くなりました。歳をとってもできる武術を探求しています。

私事ですが、昨年の10月に、子供が生まれました。自分の中で、家族としての役割も強く意識するようになりました。以前より保守的になるのかと思いましたが、より自分らしく生きたい、子供にとって恥ずかしくない父親でありたい、という想いが強くなりました。

育児は「手があいたときに、妻を手伝おう」と思ってやれるほど、簡単なことではないという事実を発見しました。「自分も育児を担当している」と思うことで、初めて、家事の分担ができるようになる自分を発見しました。他の人に通じるかどうかは、わかりませんが、心の持ち方で、育児は楽しくさえ感じられるようになります。

このご挨拶は決意表明ではありません。いつでも臨機応変に変更します。半年後は違うことを言っているかもしれません。それでもいいと思っています。大切なのは、今、自分が何をやりたいか、今、何をしているのか、だと思うのです。

皆さんも自分なりの目標を持ち、今を楽しんでみてはどうでしょうか。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2011-01-04 20:05 | 最新ニュース