工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


白鵬が連勝ストップは必然である

今日、白鵬の連勝記録が63でストップした。皆にとっては驚きの事実かもしれないが、私には、あまり驚きではなかった。

なぜかというと、周りがプレッシャーをかけすぎてしまい、本人が、それに呑まれてしまったことにある。

今場所前のインタビューで「今場所の目標は何ですか?」と聞かれて、「数字です」という答え方をしていた。そのとき、私は今場所で記録はストップすることだろうと感じた。

勝負は勝とうと思ったら、勝てなくなる。焦りすぎだ。一戦一戦、真剣に取り組むことが重要で、「勝とう」と思ったときに、隙ができる。相手も必死だからだ。

勝てないなどと思っても、勝てなくなる。自分を萎縮させてしまい、本来の実力が出なくなるからだ。

本来であれば「一つ一つ全力を尽くす」という気持ちがベストであるはずが、勝負を意識しすぎて、隙が出たのではないだろうか。

持ち上げるマスコミにも罪はある。期待ばかりかけて、横綱の気持ちなど何も考えていない。

だが、横綱であれば、マスコミの報道など一喜一憂することなく、淡々と目の前の一番に集中してほしいものだ。連勝記録はあくまで結果論でいい。

横綱は直前まで双葉山の動画をしきりにみていたという。後の先と呼ばれる相手に先行させて反応する戦い方をみていたが、その本質は伝わっていただろうか。身体も心もニュートラル(中間)でなければ予測不可能な相手の攻撃に対して反応などできやしない。双葉山の動きだけでなく、精神も学ぶべきだ。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2010-11-15 20:26 | スポーツと武道

海外版 オレオレ詐欺にあいました

何年も会っていない海外の友人からこんなメールが届いた。

I Hope you get this on time. My family and i had a trip to Spain for a short vacation, we were robbed on our way to the hotel we lodged, all cash,credit card and cell were stolen but luckily for us we still have our lives safe and our passport with us I want you to assist me with a loan of 1450 Euros to sort-out the hotel bills. I've been to the embassy and the Police here but they're not helping situation matters. I'm having problems settling the hotel bills and the hotel manager won't let us leave until we settle the bills. Am freaked out at the moment.

簡単にいうと、スペインで追いはぎにあって、財布もカードもなくしたので、1450ユーロのお金を送ってほしい、という。彼は、私の元生徒で、軍人だった。私にとっては貴重な存在だったので、なんとかしたいと本当に思った。

私は彼にホテルの電話番号を送ってほしい、とメールを送った。本人かどうか直接話して確認するためだ。アドレスは確かに彼のものだったが、どこか、信じられない気がした。i が小文字だったからだ。通常、I は大文字で使う。小文字で使うのはnaitve でくだけた表現をする人だ。「freaked out」?彼はこんな表現をメールで使うだろうか。

筋金入りの軍人が、そういう目にあうものか・・・とも考えた。しかし、家族が一緒か。私でも家族が一緒であれば、お金を差し出すだろう。だから、おかしくはない。

「あなたは本当に彼なのか」「私とあなただけしか知らない思い出を教えてほしい」とやりとりをした。

相手は「イズミルの大学での思い出がある」といって、早くお金を送金してほしい、という。

私の中で、心にブレーキがかかった。私が彼とあったのは、キプロスの大学であって、イズミルではない。

極めつけのメールを出してみた。「僕の子供を覚えているかい?」返事はなかった。当時、私に子供はいないからだ。

なんとか、フェイスブックで、彼のページを探してみると、彼の電話番号があった。国際電話でかけてみると、彼が出た。

彼は元気だった。誰かが、彼のメールアドレスを乗っ取って、詐欺を働いているということだった。あせっていた私は一安心した。

海外版のオレオレ詐欺。私が被害者になるとは思わなかった。何事も緊急に対応するのは良くないことだと再確認した。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2010-11-10 00:29 | 社会