工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:最新ニュース( 34 )


年始のご挨拶と近況

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は公私ともにいろいろな出来事があった年だった。3月11日の震災。引越し。息子の保育園入園。

私は年末年始は必ず行き去る年の反省と、向かう年の目標を整理している。

去年の12月に自分を振り返って、気付いたが、どうも去年は自分の目標の成果がかんばしくないように感じた。その前の年の自分と比べたら、どうも分が悪い。一瞬、自分が恥ずかしいような気にもなったが、それは間違っているのだと思う。

物事が達成できないのは、自分が怠惰だったというのが一番の理由だが、育児や家庭の仕事をやることによって、自分の時間が影響を受けた理由もある。子供のことなどコントロール不能なのだ。コントロールしてはいけないし、できないのだ。それによって、自分の生活のコントロールもしにくかったのは否めない。

いろいろ考えて、私は自分をトータルで判断することにした。つまり、育児や家庭のことをがんばったりしている自分も評価するということだ。何も、自分の目標は仕事や勉強だけとは限らない。家庭のことだって、目標になったっていい。言い訳にせず、それをそのまま認めるという理解の仕方だ。

また、これは自分の今までの方法を変えていくべきだということなのかもしれない。私は、実は机では勉強しない主義だ。電車、待ち時間、休み時間、移動時間、など、外で済ましてしまう。この方法も、今後は変更していかざるを得ないと感じている。

具体的な目標はここでは発表しないでおきたい。それは自分で決めて、自分で判断することだからだ。大切なのは自分でどう思うかだ。

今年からは、自分の目標の中に、家庭のことが入ることになった。まずは、小さいことから、目標にしてみたい。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2012-01-04 23:02 | 最新ニュース

2011年のご挨拶

皆さん、あけましておめでとうございます。

昨年は自分にとってはいろいろな出来事がありました。

人としてより自分の弱さや問題点を見つめるようになりました。問題点を発見して、自覚し、昨日より今日少しでも高い次元にステップするように生きたいと思います。

当たり前のように聞こえるのですが、自分の弱点を本当に知り尽くしている人は少ないと思うのです。私も自分をまだ知り尽くしていない気がします。そういう意味で、自分の弱点を知る、そして、受け入れる、ということを試みています。

アドバイスが求めらることはよくありますが、今までは、アドバイスで終わっていたような気がします。しかし、昨年は、そのような中でも、他の人へのアドバイスをすぐに、いろいろな状況に置き換えてみることに挑戦してみました。相手が別の人だったら、自分だったら、どうアドバイスをするか、というような視点です。

研究では淡々と続けること、そして、それを楽しむことが重要だと実感しています。できるだけ日々日常の中で、テーマを考え続けられるような環境づくりが重要だと思います。

語学ではあと数ランク上を目指して、精進しようと思っています。自分は書くことにこだわりたいと思っています。第二外国語も、もう少し真摯に取り組みたいと思っています。

武術ではより自分の感覚を大切にするようになりました。そういうことで、40歳に近くなっていろいろ発見することが多くなりました。歳をとってもできる武術を探求しています。

私事ですが、昨年の10月に、子供が生まれました。自分の中で、家族としての役割も強く意識するようになりました。以前より保守的になるのかと思いましたが、より自分らしく生きたい、子供にとって恥ずかしくない父親でありたい、という想いが強くなりました。

育児は「手があいたときに、妻を手伝おう」と思ってやれるほど、簡単なことではないという事実を発見しました。「自分も育児を担当している」と思うことで、初めて、家事の分担ができるようになる自分を発見しました。他の人に通じるかどうかは、わかりませんが、心の持ち方で、育児は楽しくさえ感じられるようになります。

このご挨拶は決意表明ではありません。いつでも臨機応変に変更します。半年後は違うことを言っているかもしれません。それでもいいと思っています。大切なのは、今、自分が何をやりたいか、今、何をしているのか、だと思うのです。

皆さんも自分なりの目標を持ち、今を楽しんでみてはどうでしょうか。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2011-01-04 20:05 | 最新ニュース

数年ぶりに仙台に行ってきました

数年ぶりに仙台に行ってきた。私が仙台にいたのは大学3年ぐらいのときから約2年間。当時は資格試験の勉強をやりながら、極真空手を真剣に学んでいた時期である。年齢も、20台半ばであったので、かなり無茶な練習をしたのもこの時期である。

当時非常にお世話になった宮城支部の金田師範と当時の同期の先輩と一緒に3時間ほど、過ごしたが、とても楽しかった。「ある程度の方向性は示すけれども、あとは自分で研究するものだ」という金田師範の教えるスタイルは変わっていなかったし、武道的にも、自分の人生においても、深い意味があったと思っている。

当時一緒に汗を書いた先輩は、その日ちょうど、2段の昇段試験を受けた。痣だらけの前腕にはその奮闘ぶりが伺えた。9年たっても、相変わらずの純粋さとひたむきさをもちつづけている先輩には、敬意を払いたい。

今回は妻が動向した。もともと体育会系は苦手な妻だが、お二人の人柄で、妻も楽しかったようだ。

私は、このように過去お世話になった人とずっとコンタクトをとるようにしている。それは過去のものではなく、現在も続いていると考えるからだ。

そしてそれは、私のためにもなる。当時、何もかんがえていなかった自分を知っている人たちと会って話をすることによって、自分を見つめなおすことができるからだ。

今回も新たな自分を発見することができた。時はたっても、昔のよいところは持ち続けていきたいものだ。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2009-03-22 22:08 | 最新ニュース

フランス紀行6

d0059610_2020165.jpg


凱旋門の上からエッフェル塔をとった写真。とはいっても、今回はエッフェル塔はここから見ただけで、いくことにはならなかった。天気があまりよくないので、どんよりしているのがわかるだろう。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-11-03 20:20 | 最新ニュース

フランス紀行4

d0059610_1144947.jpg


ルーブル美術館の一部。入り口は別の場所にある。3時間ほど中を見てみたが、とてもすべてはみることができなかった。聞くところによると、すべてをみるのに、1週間が必要ということだ。規模、質ともに、世界トップレベルの美術館だろう。休むところが中にすくないので、歩き疲れてしまうし、階段が多く体力の弱い方には不向きかもしれない。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-10-26 11:19 | 最新ニュース

フランス紀行5

d0059610_1191071.jpg


ノートルダム寺院。豪華で巨大なゴシック系の寺院は一見する価値がある。世界遺産のひとつになっている。13世紀につくられたものだが、意外につくりはしっかりしている。スーツケースをひっぱりながら入ったら、手にもって入れと言われたようだ。うるさかったからだろうか。私のつたないフランス語では意味はわからなかった。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-10-26 11:12 | 最新ニュース

フランス紀行3

d0059610_17313522.jpg


パリの凱旋門の上から見た風景。眺めはとてもよかった。風がつよく寒いので、10分ほどで降りることになった。一度は上ってみることをお勧めしたい。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-10-25 17:32 | 最新ニュース

フランス紀行2

d0059610_187640.jpg


パリ凱旋門の写真。お金を払うと、上まで上れる。エレベーターは障害者や老人だけのためにあるそうなので、歩いて階段を上るしかない。上から見下ろすパリの街はとても整理されて美しい。10月のパリはとても寒かった。マフラーなしで、パリを歩き回るのは少々無謀だった。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-10-19 18:08 | 最新ニュース

フランス紀行

d0059610_21542792.jpg


フランスに短期で滞在してきた。ここはフランスのリヨンの町。ソーヌ川から三田フルヴィエール寺院の写真だ。上まで行くのにはケーブルカーが便利だ。上から見下ろすリヨンの街はとても美しい。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-10-16 22:02 | 最新ニュース

新しい記事がアップロードされています

新しい記事がアップロードされています!

http://www.iec.co.jp/index.php

新しい執筆のニュースです!今回は2冊組のテキストになりました。

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/lg-03500/lg-03500.html

d0059610_21285798.jpg

[PR]

by kudo_koji_blog | 2008-03-16 21:34 | 最新ニュース