工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

イギリスの健康診断

昨日、妻がイギリスの病院で健康診断に行って来た。もともと一週間ほど前に、特定の健康診断を受けるようにという手紙が届いたのであるから、行って来たのであるが、これを機会にイギリスが進んでいると思われる点をお伝えしたい。

妻が受けた健康診断は無料である。ある一定の年齢になると3年後との診断が予定され、それは無料となる。

日本の場合、健康診断は有料しかも、保険が通用しない。そのため、どんなに簡単なものでも、1万円を超えてしまう。人間ドッグに行こうものなら、4万円ほどは用意しなければならなくなる。

断っておくが、「イギリスの医療が進んでいる」と言っているわけではない。むしろ、個別な設備・技術で言えば、日本のほうが進んでいる。

NHSと呼ばれるイギリスの保険が適用される病院ではお金はあまりかからないが、待っている人がいて、すぐに治療をうけられなかったり、技術も低い。お金がある程度ある人たちは保険の通用しないプライベートの病院に行くのである。

そのため総合的に判断した場合、保険が使える医療としては日本のほうが高くなるだろう。NHSの使える歯医者に行ったことがあるが、口をあけたとたん「すばらしい。どこでこのような治療をしたのか?」と言われてしまった。私が行った医者では歯に物をつめるとき、いちいち型をとったりせず、一気につめてしまう。だから、歯のかみ合わせは治療するごとに悪くなっていく。

話を戻そう。妻は病院に行き、無料の診断を受けることができた。結果が出るのは2ヶ月も後のことになるのだそうだが、社会的なシステムとして健康診断をつくったイギリスは、この点においては、日本よりも進んでいると考えている。

また、健康診断であれば保険がかからず、どこかおかしい気がするのでみてほしいというスタンスであれば保険がきく不都合なシステムの日本の健康保険制度は適用範囲をもっと広げる必要があると思う。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2007-02-22 09:11 | 国際
<< Slow But Steady... 2月に入りました >>