工藤浩司オピニオン 公式ブログ


世界を飛び回る日本人   工藤浩司のオピニオン  
by kudo_koji_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
《プロフィール&連絡先》
《連絡・相談・質問》

dgdfk247 @ ybb.ne.jp まで。

≪PROFILE≫
工藤 浩司 (くどう こうじ)
1971年青森県十和田市生まれ。

<応援ホームページ>
トータル・ケア・カウンセリング
http://stresscare.exblog.jp/
フォロー中のブログ
検索
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いつ挑戦するか?

ひさしぶりに博士号取得のテーマをお伝えしたい。

日本の一部の世界のように博士号の取得がいつになるかわからないような特殊な世界は別として、通常、欧米などで博士号を挑戦する場合には3年~5年ぐらいかかると言われる。

私もキプロスで講師をした期間も含めて、5年かかっている。それを省けば、4年。長いとは思わない。短かったとも思わない。たぶんかけた時間からすれば短いほうなのかもしれない。

早い人は3年ぐらいで終了する人もいる。それは人それぞれだが、とてもうまく準備し、計画立てて、書いた結果なのだろう。

そういう事情から、ある程度まとまった期間が必要だというのはわかっていただけると思う。

欧米ではpart-timeでの博士号も可能だ。そういう場合は5年以上はかかるだろう。

私はfull-timeでしか経験したことはないが、part-timeは仕事を言い訳や逃げ場にしてしまい、結局はかかった時間の分の結果がついてこないことが多い。かなり経験のある人向けなのだと思う。

さて、いつ挑戦するかという話題に戻ろう。

博士号をとるかどうかは、個人の生き方の問題なのでとることがいいことかどうかはわからない。ただ、取るのであれば、気力のあるうちに挑戦しておいても悪くはないと思う。

そういう意味では、何事も同じかもしれない。準備、準備といって、いつまでも挑戦しないのはどうだろうか。できるときに挑戦してみるのも悪くはないと私は思う。
[PR]

by kudo_koji_blog | 2011-07-21 19:30 | 博士号(PhD)取得への道
<< 男の育児 人体に影響を及ぼさない放射線量... >>